« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »

122円台を前に押し戻される展開続くようなら

おはようございます。

昨日の為替市場ではじりじりとドル円・クロス円が値を上げる中、(英)BOE議事録で

「今月の利上げは全会一致で決定」

「追加利上げの可能性があるとの考え方が一致」

と次回追加利上げを期待させる内容となったことから、ポンドは対円・ドル共に上昇、ドル円・クロス円を引っ張りました。ポンド円はニューヨーク為替市場終盤に1992年9月以来の水準となる241円84銭付近まで上値を伸ばし、ポンドドルでは日足一目均衡表・転換線を上抜け、1.9894ドル付近まで上値を広げることとなりました。

昨日ポンド円はすごかったですね。個人的には上昇しても241.48円の今年高値付近では一旦利食い売りが先行するのではと考えていましたが、本日も同レベル付近を底値に底堅い推移となっております。

ドル円は昨日クロス円の上昇に連れ高となり、目先のターゲット121.86円付近をトライしましたが、上値は重くトライは失敗に終わりました。ドル円はこのまま122円台を前に押し戻される展開が続くようなら一旦調整が入ることが考えられます。既にその前兆はチャート上で出始めており、今後は神経質な相場となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドル円 121円台キープ

 おはようございます。

先週の為替市場はドルが買い戻される場面が目立ち、ドル円は3ヶ月ぶりとなる121円台まで上昇してきました。ドル円・クロス円が堅調に推移する中、週末には中国人民銀行が人民元を対ドルでの変動幅を一日あたり0.5%に拡大と発表したことから、円が買い戻される場面も見られました。

しかし、ドル円は121円台をキープして終えたことから、本日も堅調な流れとなっています。週末は一旦利食いの動きが予想されたため、120.65円に買い指値を入れていたのですが、下げ幅は120.68円と若干届かずHITされることはありませんでした。残念・・・

ドル円は先週の利食い売りにより若干過熱感が取り除かれてはいますが、完全に払拭された訳ではないことから、121.65円など目先のターゲットではしっかり利食いをいれるなど、慎重な取引が必要ではないでしょうか。今週はクロス円・中でもユーロ円の動向も注視していきたいです。

ドル円の日足チャートを見ると中立的な指標も見受けられ、本日は目立った指標もない事から、値動きの乏しい展開が予想されます。

では、今週も宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »