« 2007年4月29日 - 2007年5月5日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »

ドル円 120円台を基点とした攻防に注目

 おはようございます。本日財務省が発表した本邦外貨準備高は、3月末に比べ66億6.500万ドル増加し、合計9.156億2.300万ドルと3月末に比べ3ヶ月連続で過去最高を更新した事が分かりました。ちなみにドルの外貨準備金トップは中国で1兆1.077億ドルとなっております。(今年1月時点)

 昨日の為替市場では豪失業率をはじめとする各国の重要指標が多く発表されました。BOE・ECB共に政策金利発表は大方の予想通りとなり、BOEの利上げ発表後はポンドが乱高下する場面がありましたが、為替の市場参加者にとって今回の内容は折込済みであったため為替市場への影響は限定的となりました。予想外となったのは(米)新規失業保険申請件数でした。同指標は前回数値や事前予想より改善される結果となったため、ドル円は120.46円の壁を上抜け、一時120.53円付近まで値を上げることとなりました。

 ドル円は昨日120.53円付近まで上値を広げたものの、買いが続かずその後はクロス円全般で円キャリトレード手仕舞いの動きが起きている影響で、結局昨日は120円台を割り込んで引けることとなりました。本日の為替市場では119.70円付近まで続落となったものの、そこから積極的に下値を試す動きは見られず、13:30現在は120円台を挟んでの揉み合いとなっております。

 ドル円は昨日120.46円(5月3・4日高値)を上抜け、一時120.53円付近まで上値を広げましたが、120.75円にトライすることは出来ず上値は抑えられました。13:30現在は方向感の掴みづらい展開が続いており、4時間足均衡表・雲の上限・基準線が位置する120円台を回復できない限り、再度昨日高値をトライする事は難しいでしょう。本日は120円台を基点とした攻防に注目していきたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ドル円 次のターゲット

 おはようございます。昨日は川崎フロンターレが日本勢初となるアジアチャンピオンズリーグの一次リーグ突破を決めました。首のケガから復帰した中村憲剛は大活躍でしたね。川崎の場合は中村を基点とした攻撃が多いので中村へのチェックは厳しいものがありましたが、気合十分でした。にんにく注射から6試合の出場停止となっている我名覇和樹が戻って来るのが楽しみです。今回のドーピング問題から日本代表合宿にも召集されていない我名覇には腐らずがんばって欲しいです。それでは為替です。

 昨日はニューヨーク為替市場でFOMC(米連邦公開市場委員会)が控えていた為、為替市場全体で様子見ムードが漂い、じりじりとドルが売られるものの、各通貨とも値動きの乏しい展開が続いていました。

 注目のFOMCでは大方の予想通り7会合連続となる据え置きが決定しました。その後の声明文では引き続きインフレ主要懸念とした声明となったことから、足元の好調な企業業績や利下げ観測の後退からダウ工業株30種平均は史上最高値を更新することとなりました。一方のドル円は119円80銭付近まで値を下げていたものの、上述した材料を好感し損出確定注文狙いのドル売りから120円台に値を戻しました。本日の為替市場も昨日の流れを引き継ぎドル円は続伸となっています。

 ドル円は昨日連続の上十字のような足型で引け、買い勢力の強さを示唆しております。若干下値を試す可能性を考えていましたが、120円台にしっかり値を戻してきたことで、本日は119.97円を基点とし上値を試すことが予想されます。目先のターゲットは今月3~4日高値となる120.46円付近となります。逆に120円を割り込むようであれば119.75円が目先のターゲットとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドル円 今後はレンジ内相場

 昨日の為替市場は全体的に円が買い戻される動きが目立つこととなりました。クロス円では特にユーロ円が161円90銭付近まで下落し、豪ドル円では99円台を割り込む場面が見られました。ドル円はクロス円の下落に連れ安となりましたが、119.49円付近ではしっかりサポートされました。

 本日はニューヨーク為替市場(日本時間10日3:15)にはFOMC(米連邦公開市場委員会)が予定されており、7会合続けての5.25%での据え置きが確実視されています。注目はその後の声明文で、今後の政策スタンスや景気認識についてどのような声明を示すのかに集まっています。

 本日は目立った材料も無く、今日から明日にかけて主要各国の金融政策発表が多く予定されている為、突発的なニュースが出ない限り為替市場が大きく乱高下する可能性は低いでしょう。

 ドル円は昨日119.75円のサポートを割り込み、一時今年高値を基点とした下落幅フィボナッチ61.8%戻しにあたる119.49円付近をトライする動きが見られました。しかし、現在軟調気味ではありますが、目立ったチャートアクションも無く、119.49円付近では底堅く推移し120円台に戻し引けていることから、今後は119.49~120.46円のレンジ内相場が続きそうです。

 ドル円は119.49円を割り込んだ場合、次のターゲットは日足均衡表・転換線が位置する119円台となります。逆に120.46円を突破した場合120.75円が次のターゲットとなるでしょう。しかし、120.50円付近は大量のオプションバリアが存在するといわれており、上抜けるには特段のドル買い材料が必要となってくるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドル円 一旦119円半ば

 昨日の為替市場はバンクーホリデーによりロンドン為替市場が休場とあって流動性の乏しい中、材料難も手伝いボラティリティに欠ける展開となりました。ドル円は利益確定の売りに押され120円を割り込んでの推移が目立ったものの、119円後半では金利差を意識した押し目買い圧力も強く、買いと売りが均衡する相場となりました。

 本日の為替市場ではドル売りが先行しており、120円台をキープしてスタートしたドル円でしたが一時119.70円まで下値を広げることとなりました。一方の豪ドルは朝方発表された(豪)小売売上高が市場予想を大幅に上回ったことを好感し、対円・ドル共に堅調な推移を見せています。

 ドル円は昨日下ヒゲの長い陰線を形成しましたが、52本移動平均線に下値を支えられ下げ幅は限定的となりました。しかし、日足ストキャスティクスでは売り優勢となっており、4時間足均衡表では転換線・基準線がクロスを見せています。ドル円は現在売り勢力のほうが勝っています。

 ドル円目先のターゲットは少し切り下がり119.75円ブレイクとなっており、同レベルをブレイクした場合、今年高値を基点とした下落幅フィボナッチ61.8%戻しにあたる119.49円付近が次のターゲットとなります。

19:00 (独)3月鉱工業生産(前月比)

23:00 (米)3月小売売上高(前月比)

| | コメント (0) | トラックバック (6)

10日のFOCM待ち

 おはようございます。連休中はいかがお過しでしたでしょうか。私はというとカゼをこじらせるなど不運な連休となりました。C・Lではマンチェスター・ユナイテッドがACミランに3-0で敗れるビックリな出来事が起きました。また、子供の日には大阪府の遊園地エキスポランドでジェットコースターが脱線し、若い女性が1人亡くなるなど、暗いニュースもありました。遊園地とは子供だけではなく大人にとっても思い出に残るとても特別な場所であり、今後このようなことが二度と起きないよう。亡くなった遺族のためにもエキスポランドの幹部はきちんと非を認め、再発防止に勤めてもらいたいと思います。

 連休中の為替市場は終始円安方向への推移が目立つ展開となっていました。4日には注目が集まっていた(米)4月非農業部門雇用者数が発表され、結果は事前予想や前回数値を下回る結果となったことで米利下げ観測が強まり、120円台での攻防が続いてたドル円は120円を一時割り込むなど、ドルが売り込まれる動きが見られましたが、その後大幅に下げ幅を拡大する動きも見られず、ドル安・円安の限界点を示唆させるような相場となりました。

 本日の為替市場は利益確定のドル買いが目立ち、ドル円は120円を割り込んでの推移が続いていますが、英国が休場となっていることや、本日は特段目立った材料もない事から積極的に下値を目指す展開とはなりにくいと考えられます。市場は10日のFOCM待ちムードといったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月29日 - 2007年5月5日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »