« 2007年4月15日 - 2007年4月21日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »

ドル円 テクニカルポイント

 昨日の為替市場では、序盤ボラティリティに欠ける展開が続いていましたが、ロンドン勢参入と共に円が売り込まれる展開となりました。その結果ドル円・クロス円で買い圧力が高まり、各通貨とも値を上げる展開となりました。また、ニューヨーク為替市場で発表された(米)週間新規失業保険申請件数が上方修正されたことから、ドル買戻しの動きが一層強まり、ポンドドルでは4月24日安値となる1.9954ドルを割り込み、一時1.9916ドル付近まで下値を広げる動きをみせました。ユーロドルも一時1.36ドルを割り込むなど連れ安となっております。

 昨日の円売りでドル円は119円台のストップロスを巻き込み、119.66円付近まで上昇し、クロス円ではユーロ円が162円42銭を上抜け、一時162円77銭付近まで上昇することとなりました。本日の為替市場では序盤に本邦全国消費者物価指数の発表が行われ、コア前月比・前年比が共に事前予想を下回る結果となったことから、円売りの動きが強まり、ドル円は119.73円付近まで上値を広げ、クロス円ではユーロ円が連日の史上最高値更新となる162.82円まで上昇しました。

 ドル円は119.85円(4月16日高値)が意識され、119.73円付近では利食い優先となっているようです。よって目先のターゲットは119.85円付近となるわけですが、120円台を目指すには円安要因だけでなく、もう一段のドル買い要因が必要となってくるでしょう。本日ニューヨーク為替市場で予定されている、米指標発表後の為替市場の動向を見極めたいところです。中でも第一四半期GDP(速報値・前期比年率)は事前予想が前回結果を下回っており、結果次第ではドル相場が大きく乱高下する可能性がありそうです。

 ドル円ポジションは119.85円付近でナンピンしようと考えています。先ほどの上昇で届いてくれればよかったのですが・・・本日もロンドン勢参入後に期待です。G・W前にポジションを手仕舞いたいので、利益確定をまたしても変更したいと思います。ターゲットは日足均衡表・転換線や雲の上限が位置する118.65円に設定変更。ストップロスは120円きっかりです。

 ドル円テクニカルポイント

①119.55円(2月16日高値)→②119.85円(4月16日高値)→120円(心理的節目)

①119.25円(90日移動平均線)→②118.94円(13日移動平均線)→③118.65円(一目均衡表・転換線)

 

| | コメント (1) | トラックバック (9)

月足でダブルトップ

 おはようございます。昨日の為替市場ではG・W前の本邦輸出企業によるドル売りや、前日の弱い米指標の流れを引継ぎ、ドルの軟調さが序盤から目立つ展開となりました。ロンドン為替市場では(独)4月IFO業況指数や、(英)第1四半期GDPが発表され、共に強い結果となりましたが、米重要指標を前に材料視されることは無く、為替の市場参加者の焦点はニューヨーク為替市場に集まっていました。

 ニューヨーク為替市場でまずはじめに発表されたのは(米)3月耐久財受注、結果は事前予想を上回る2ヶ月連続のプラスとなり、ドルが買い戻されることとなりましたが、その後の注目材料である3月新築住宅販売件数が事前予想を下回った事から、ドル売りの動きにつながり、ドル円は118.26円付近まで値を下げることとなりました。しかし、米国株式市場でダウ工業株30種平均が企業決算結果を好感し、13.000ドルの大台に乗せたことからドル買いが活発化し、ドル円は118.62円付近まで値を戻し引けることとなりました。

 昨日の為替市場は、ユーロ経済と米経済の先行きが真っ向から分かれましたね。(独)4月IFO業況指数が堅調となる中、米は3月新築住宅販売件数が弱い数値となったことから、相変わらず住宅市場の不透明が払拭できず、ユーロが堅調に推移する中、ドルは上値を抑えられています。本日の為替市場は目立った材料も無く、ボラティリティの欠ける展開が予想されます。注目は明日発表の本邦消費者物価指数(CPI)と、米GDPですね。

 ドル円のポジションはそのまま放置ですが、ユーロドル・ショートのタイミングを狙っています。ユーロドルは1.3666ドルを上抜く事が出来なければ、月足でダブルトップのようなチャートパターンとなることから、調整のタイミングは近いのではとひそかに狙っています。ごめんなさい。別に密かにじゃないです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ドル円 売り買いが均衡

 おはようございます。昨日の為替市場は材料難の中、ロンドン為替市場に(ユ)2月鉱工業新規受注が発表され、結果は前回数値や事前予想を大幅に下回る結果となりましたが、米重要指標を前に材料視されることは無く、為替市場への影響は限定的となりました。ニューヨーク為替市場に入り、最も注目されていた(米)3月中古住宅販売件数が発表され、結果は事前予想を大幅に下回る1989年1月来の低水準となりました。同時刻に発表された4月リッチモンド連銀製造業指数、4月消費者信頼感指数も軒並み弱い結果となり、為替市場は素直にドル売りに反応しました。

 絶好のドル売り材料が出たにも関わらず、ドル円の下げ幅は限定的となっており、昨日安値は118.23円となっております。一方、ユーロドルは昨日1.3600ドル台を回復し1.3643ドル付近まで上値を伸ばしました。ユーロドルは調整が続くと思っていましたが、1.36ドル台を回復したことで分からなくなってきましたね。ドルも勿論弱いのですが、円もものすごく弱く、ユーロが強いといった感じでしょうか・・・

 昨日(米)3月中古住宅販売件数が1989年1月来の水準となったことで、サブプライムローン問題からドルの軟調さを後押ししている状態となっております。本日ニューヨーク為替市場で予定されている3月新規住宅販売件数に注目が集まります。

 ドル円は昨日寄付き同時線のような足型で引け、売り買いが均衡している相場となっています。ドル円は先週末から52日移動平均線が下値を支えるかたちとなっており、その52日移動平均線が少し切り下がっていることから、目先のターゲットを切り下げ118.10円に設定しなおしました。ストップロスは変わらず120円きっかり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

先週18日から意識されている119円台

 おはようございます。もうすぐG・Wですね~。皆さんご予定はお決まりですか?僕は日頃のストレスを晴らすべく、友人を大勢連れ旅行に行く予定です。警視庁がまとめた今年のG・W人出予想は9日間で1090ヶ所に6596万人が訪れるとの事です。最も多く見込まれているのは青森県の「弘前さくらまつり」のようです。さくらんぼいいですね。ちなみにG・W中の関東は今の所傘マークが無く、晴天が続くとの事です。今週ももう一がんばり為替も仕事もがんばりましょう。

 昨日の為替市場は序盤から円売りが目立つ展開となっていましたが、米格付け会社として知られる「S&P」が、日本の格付けを「AAマイナス」→「AA」に評価を引き上げたことで、円が買い戻される動きがみられました。しかし、その後は特段の材料も無く、ボラティリティの乏しい展開となりました。ドル円は118.22~119.03円での取引となりました。

 ドル円は一時119.03円付近まで値を上げたものの、先週18日から意識されている119円台では上値が重く、118.22円付近まで売り込まれました。ドル円が一時119.03円まで上昇したことで、昨日オーダーした売り指値119円ショートが約定されました。目標は117.59円に設定していましたが、G・W前というこも考え、少し利益確定を急ぎたいと思います。目先のターゲットは52日移動平均線が位置する118.15円に設定し、ストップロスは120円きっかりに設定したいと思います。しかし、これでは損した時のリスクのほうが大きくなってしまっていま・・・

 本日はニューヨーク為替市場で、多くの米指標が予定されております。中でも注目したいのは、3月中古住宅販売件数となっています。3月中古住宅販売件数は大幅に減少するとの観測が飛び交っており、GM(ゼネラルモータース)の副会長は、サブプライムローン問題から低迷している住宅市場が、自動車市場全体に打撃を与えているとしていることから、結果次第ではドルの大きなマイナス要素となるでしょう。

23:00   4月消費者信頼感指数

     4月リッチモンド連銀製造業指数 

      3月中古住宅販売件数

| | コメント (0) | トラックバック (9)

ドル円 目先4月19日安値トライ

 おはようございます。先週のドル円はクロス円の上昇につられて120円にトライする場面も見られましたが、クロス円全体で短期的な調整が見られたため、一時117.59円付近まで下値を広げることとなりました。しかし、根強いドル安・円安地合いから、その後はクロス円全体で円買いも一服し、ドル円は連れ高となり値を戻していますが、118.65円の抵抗線をブレイクしきれず、同レベルでのもみ合いが目立っています。

 一方、先週の米株式市場はダウ工業株30種平均が7日連続の続伸を見せました。20日には米企業の好調さを好感し、ダウ工業株30種平均が1万2961.98ドル付近まで上昇し、3日連続となる史上最高値を更新しました。今後為替市場にどのような影響を与えるか、株式市場も平行して注目していきたいです。

 本日の為替市場では、(豪)第一四半期生産者物価指数(前期比)が発表され、結果は市場予想を下回る±0.0%となったことから、豪ドルが値を下げる場面が見られましたが、その後は目立った材料も無く、為替市場は朝方円安方向への推移が目立っていましたが、全体的に円の買戻しが先行しており、円高方向への展開が続いております。

 ドル円は117.59~119.85円のレンジ相場となっており、方向感の掴みづらいいってこいの展開が続いていますが、今週は下値を目指す展開が考えられます。先週クロス円の上昇も手伝い上昇の余地はあったものの、日足均衡表・転換線や雲の上限が位置する118.65円付近を中々ブレイクする事が出来ず、上値は限定的となっております。4時間足均衡表などを見ると、短期的に119円台にトライしそうな感じではありますが、週足ではストキャスティクスが76でのクロスを見せており、一目均衡表では転換線と基準線がデットクロスを見せております。

 ドル円は一旦下値を広げる展開が予想され、目先のターゲットは4月19日安値117.59円付近となります。上値は①118.65円→②119円台→③120円台となっております。②付近での戻り売りを仕掛け、③を突破した時点での損切りとしたいと思います。勿論利益確定は117.59円付近。

 では、今週も宜しくお願い致します。

 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2007年4月15日 - 2007年4月21日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »