« ユーロ/円 今後も166円台を回復できないようであれば | トップページ | ポジション構築 »

おはようございます

おはようございます。

昨日の為替市場では、各国株式市場の安定から円売りが先行することとなりました。ドル円・クロス円は今週下げ相場となっていましたが、主要サポートラインが機能したことにより、結構値を戻してきましたね。

ニューヨーク為替市場では注目されていたFOMCが開かれ、大方の予想通り政策金利は8会合連続となる5.25%での据え置きとなりました。その後の声明ではインフレについて「高止まり」という文章が削除される結果となりましが、依然としてインフレを警戒する姿勢を示したことから、終わってみれば全体的にややタカ派よりとなり、ドルの下値を支える結果となりました。

本日は序盤から本邦経済指標が多く発表され、一部弱い結果となったことから若干円売り優勢の展開となったものの、ロンドンやニューヨークでの重要指標を前に様子見ムードとなっております。

現在保有しているユーロドルのロングは、目標の1.3484ドルにわずか3ポイント届かず・・・持ち越そうか少し迷っていますが、とりあえず保有することにします。

本日の予定

 15:00       (独)5月小売売上高(前月比)                 
  15:00     (独)5月小売売上高(前年比)                
 15:40     (仏)6月消費者信頼感指数                 
 15:45     (仏)第1四半期GDP(前期比)                 
 15:50     (仏)5月生産者物価指数(前月比)               
 17:30     (英)第1四半期経常収支                  
 17:30     (英)第1四半期GDP(確報値・前期比)             
 17:30     (英)第1四半期GDP(確報値・前年比)            
 18:00     (ユ)6月消費者物価指数(速報値・前年比)          
 18:00     (ユ)6月消費者信頼感調査                 
 18:30     (英)6月GFK消費者信頼感調査               
 21:30     (米)5月個人所得(前月比)                 
 21:30     (米)5月個人支出(前月比)                 
 21:30     (米)5月個人消費支出価格指数(コア・前月比)        
 21:30     (米)5月個人消費支出価格指数(コア・前年比)        
 21:30     (米)5月個人消費支出価格指数(前月比)            
 21:30     (米)5月個人消費支出価格指数(前年比)           
 22:45     (米)6月シカゴ?購買部協会景気指数             
 23:00     (米)5月建設支出(前月比)                 
 23:00     (米)6月ミシガン大消費者信頼感指数

|

« ユーロ/円 今後も166円台を回復できないようであれば | トップページ | ポジション構築 »

コメント

ひさしぶり!元気にしてますか?
合法ハーブの購入、情報を探すなら
ここがいいよ!↓
http://fl1-dmat.org/

投稿: お気に入りは合法ハーブ情報館 | 2010年12月10日 (金) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183855/6966899

この記事へのトラックバック一覧です: おはようございます:

» ソフトを解凍する [you tube ダウンロードの方法]
iソフトの解凍方法 [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 12時44分

» FOMC 金利据え置きから1年ですね [外為つれづれキーワード]
FOMCで予想通り金利据え置きました。これで金利を据え置いて1年が経ちます。インフレ懸念は依然として最大の懸念となっているそうです。 これで年内の利下げはなさそうですね。今年も後半年ですが、サブライム... [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 12時16分

» 上海株、前引けは続落――資金流出懸念が引き続き重しに [中国株、中国株ニュース]
2日前場の中国株式市場で上海株式相場は続落。上海総合指数の前引けは前週末比13.536ポイント(0.35%)安の3807.167だった。指数は前週末終値(3820.703)を挟んでもみ合った後、前引けにかけて下げ幅を広げた。前週末に引き続き株式市場からの資金流出懸念が相場の重しとなった。全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は前週末、特別国債の発行計画と銀行預金にかかる利息税の軽減・撤廃の方針を決定。中国株高の原動力となっていた株式市場の潤沢な投資資金が大量に吸収...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 19時36分

« ユーロ/円 今後も166円台を回復できないようであれば | トップページ | ポジション構築 »